呼吸器系のご病気でこまっておられる方へ


タン(痰)のらくな出し方


かぜをひいたときに

のどのあたりに ゴロゴロと

タン(痰)がからむことは おおいですね

じつは かぜをひいていない ときでも

タンは でています

どれくらい でているかというと

いちにちに 100ミリリットル くらい

これは マグカップの はんぶんよりも

ちょっと すくないくらい のりょうです

このりょうの タンだと

のどで ゴロゴロすることはないです

しぜんと のみこんでいるからです

でも かぜをひいたときは

いつもより タンがふえるので

のどで ゴロゴロしてしまいます

タンは のどまではいってきた バイキンや

ごみを のどのおくに はいらないように

ふせいでくれる たいせつなものです

でも のどにたまってしまうと

いきをすったり はいたり しにくくなってしまうので

タンは きちんと からだのそとに

ださないといけません

タンを らくにだすには

まず みずをのみましょう

のどが カラカラに かわいていると

タンが でにくいからです

それから よこむきに ねましょう

そのまま 10ふんくらい まちましょう

とちゅうで タンがあがってきたら

「ハァ~・・・」と

くちをあけたまま 3かいくらい

くちから ゆっくりと いきを はきましょう

おもわず セキ(咳)が でてしまうとおもいます

それははがまんしなくていいです

でも わざと ゴホゴホッと セキをするのは

よくありません

10ふんしたら また おきあがって

また みずをのみましょう

そしてさきほどとは はんたいの 

よこむきに ねましょう

からだを よこにすると

タンは からだのなかから

そとにむかって ながれやすくなります

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


PAGE TOP